Eucalyptusベースなプライベートクラウド「SEC」

By | 2013/08/05

お久しぶりです。
リプレーションのインフラ担当SE、utunです。

今回は、先日うちの会社からリリースしたプライベートクラウドパッケージの
「SEC」について、ちょっと宣伝的な感じで書いていきたいと思います。
SEC HP : http://ripplation.co.jp/sec/

Simple speedy & Effortless Cloud(SEC)とは

まぁぶっちゃけるとEucalyptusなんですけど。
ただ、うちの技術者が「低価格」で、且つ「まともに使える」構成を設計して、
ちょっと設定とかを最適化して、スタートアップイメージを詰め込んだ。
そんな感じのEucalyptusなんです。

ただ、Eucalyptusってのが一つのミソでして、
なんと言っても簡単です。
クラウド関連の技術者が昨今Openstackとかに大量に流れているのは知ってますし、
今となってはもう、

Eucalyptusって何?

っていうインフラ技術者も多いんじゃないでしょうか。
前に「プライベートクラウドな話」でも書きましたが、
Eucalyptusは2012年頭ごろまでは、間違いなく「オワコン」でした。
ところがその後色々ありまして、今のものを見てみると、はっきり言って最高です。

一応Openstack、Cloudstackも触ったことがありますが、
Eucalyptusの最高な所は、

とりあえず触ってみたら動く

って所ですね。
えぇ。
簡単です。

コマンドが不要な範囲ではね!

まぁ、SECではコマンドが不要な範囲でちゃんと使えるように、最初から準備されているので、
言ってみれば

最高な部分だけで使える

ようになっている訳です。

そんな感じで、
いかがでしょうか。
同クラスのプライベートクラウドだと、500万円くらいするであろう所、
なんと今だけ150万円(定価180万円)です!

一社に一台、もしくは、一プロジェクトに一台SEC!
宜しくお願い致します!

今回は宣伝ばかりですが、
そんなところで〆させて頂きます。

蛇足

近々フィリピン辺りに旅行に行きたいな・・・。
と思って、「セブ島」で画像検索しました。
もちろん、マリンスポーツだとか、南の島的な画像を期待していた訳ですが、
トップ2枚目になんか夜のお店の写真が・・・。

うん。
興味はあるけどね。

sebu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です